クラウド翻訳「訳す YAQS」の仕事

miyadera

クラウド翻訳「訳す YAQS」とはどんなサービスですか?

「訳す YAQS(以降 YAQS)」は、ネット上で翻訳依頼から納品までが完結するクラウド型翻訳マッチングサービスです。依頼者はネット上で手軽に翻訳依頼ができて、翻訳者もサイト上で手軽に受注・納品することが可能です。従来の翻訳会社に見られた、見積もり、発注、翻訳者手配等の中間工程を省くことによって、通常の翻訳サービスより、低価格で依頼が可能で、スピーディに納品されます。

オンラインでの翻訳というと機械翻訳をイメージされることが多いのですが、YAQSは翻訳者が対応するサービスです。ネットなので、もちろん24時間365日対応していて、「価格・スピード・品質」がバランスよく揃ったクラウド翻訳サービスだと自負しています。実際に依頼として多いのは、簡単なメールのやりとり、ECサイトの商品説明や、SNSの情報発信ですね。

どのような業務を行っていますか?

狭い範囲に囚われずに、すべてに携わることで、全体を見通すことが出来るので、何でもマルチにやっています。

システム関連については、新機能の企画検討や開発、運用保守・メンテナンスのディレクション、工程・工数・スケジュール管理などを行っており、開発担当者との連絡を密に取り調整を行っています。24時間365日提供するサービスですので、障害等が起こらないよう細心の注意を払っています。

営業活動は、お客様や協業先と良い関係を築くことを心掛けています。未然にトラブルを防ぎ、トラブルが発生してしまった場合でも真摯に対応するよう努めています。他にも集客活動としてメールマーケティングやプレスリリースを配信したりもします。お客様や翻訳者様からのお問合せに対応するカスタマーサポート業務もありますね。

miyadera

やりがいを教えてください。

人々が困っていることの役に立つ、社会的な貢献をする、という点では特にやりがいを感じています。YAQSをはじめたのは、原稿量が少ないものでも、もっと手軽に翻訳を依頼できるサービスが社会に必要という考えからです。従来は翻訳会社に依頼をすると、見積もりをして発注してもらい、そこから翻訳をスタートさせ納品して請求書を出すというプロセスには一定の時間がかかっていまいした。原稿が少量でも、数時間・数十分という納期は不可能で、かつ、人件費がかかっているので最低料金等の設定で1件あたり1万円以上の料金がかかっていました。
また、世の中に出てきたばかりの新しい、これからのサービスを自分達がつくっているという自負もやりがいにつながりますね。

miyadera

今後の目標は何ですか?

まずは、一人でも多くのユーザー様、一社でも多くの企業様にご利用をいただいて、その便利さを知っていただくことからはじまると思っています。これまで10万件の依頼がありましたが、YAQSのようなサービスがさらに世の中に広く普及すれば、誰もが手軽に多言語化することが出来るようになり、言語の壁を越えたコミュニケーションが可能になると思います。もっと世界中の人々が手軽にコミュニケーションを取れる、理解し合える、そんな世界をつくるためのお手伝いをYAQSが出来ればいいかなと思います。いつかは、世界中の人にYAQSを知ってもらい、使ってもらう。国際社会のインフラ基盤のひとつになることを最終目標として目指していければと思います。

shadow1

Our Work
WIPの仕事

Comments are closed.