メッセージ

WIPジャパンの目指すもの「もっと理解し合える世界」

「言葉を使って人の役に立つのが好き」。この気持がWIPジャパンの原動力になっています。誰かの役に立つことの喜び、言葉を通して自分たちと異なる価値観、文化、情報を持つ人々との交流と理解。二つともコミュニケーションの成果によって得ることができます。

このコミュニケーションを高いレベルで行うことにより、私たちが目指す平和で豊かな世界、「もっと理解しあえる世界」をつくりだすことができると信じています。高いレベルでのコミュニケーション。誰もができることではありません。言葉のスペシャリティとより専門性に長けたサービス、そして人の役に立つために欠かせない人間力。この3つの要素を兼ね備えた集団がWIPジャパンであり、理解し合える世界の創造を牽引していきたいと望んでいます。

WIPジャパンが大切にしていること「お客様の笑顔と感謝」

「人の役に立ちたい」という気持を体現したのがWIPジャパンのサービスになります。そこで培われた深みのあるサービスは、私たちに何をもたらすのでしょうか。私たちは、「物心両面の豊かさ」を作り出すと考えます。“モノ”、“ココロ”どちらからが欠けても真の“豊かさ”は適いません。仕事を通じて得る安心、自信と誇り、家族・愛する人のもとに帰り、大切にする気持を育む。そしてその育くまれた気持でお客様に接する。私たちはこの温かいサイクルを大切にしたいと考えています。このサイクルが常に流れ、継続することを目指し、努力をしています。1日ではできません、何年かけても不十分かもしれません。でも大切にしたい気持は、創業時から変わりません。他方、深みのあるサービスが与えるものは何でしょうか。WIPジャパンのサービスは“モノ”ではなく、“コト”を提供します。お客様の目的を適えるサポートの提供です。モノのように可視化できるものではありませんが、どんなことをした、どんなことを成し遂げたといったコトを提供することによって、お客様を支えます。そのお礼として得た笑顔とお客様への感謝。この笑顔と感謝をWIPジャパンは大切にしています。

会いたいひと「未来のステージ」を語るひと

WIPジャパンが求める人材は、もちろん、言葉が好きで、人の役に立つことが好きな方ですが、それだけでは足りません。自分の知識・技術力を高める努力をする方、人間力を高める努力をする方、語学力を高める努力をする方が求められます。私たちが提供する深みのあるサービスは、高度なプロフェッショルなサービスです。お客様に関心を持ち、お客様が求めるニーズにお応えするのはもちろんのこと、お客様ご自身がまだ気づいていないニーズ、必要とするであろうニーズにまで強く思いを馳せることが求められます。圧倒的なサービスクオリティを目指しています。そのためには専門性を高めなければいけません。人間力を磨かなければなりません。時に人は自分自身に限界を設けてしまいます。WIPジャパンでは、その限界を取り除き、自ら成長し続けることが求められます。しかし決して一人ではありません。同じように成長をしようと努力する仲間がおり、一緒に仕事をしながら成長をしていきます。“福さん、WIPジャパンの次のステージは、ここにしましょう。こんな風にお役に立っていきたいです!”と未来を語る人を待っています。具体的には、以下のような人たちです。

フォロワーシップと
自己成長意欲の高い
チームプレイヤー

好奇心と創出意欲で
市場を開拓する
チャレンジャー

未来を語る人は、単に言葉を発しているのではありません。自己成長の自信と誇りから自らのステージを創造しようとしているのです。私たちと一緒に未来を語り創っていきましょう。

代表取締役 福 良雄